だらだらいきる

「だらだらいきる」ために全力を尽くすタイプです。。。

kazetooshi_kaisya_bad

過労死は労働時間を短くすれば無くなると考えていると別の問題が起きるのでは?と思っています。
時間数とストレスの相関より人間関係とストレスの相関のほうが高い気がするんですよね。

過労死対策、報道各社手探り NHKは一部の宿直廃止 朝日新聞 YAHOOニュース

1.まわりの顔色が大事な社会

仕事は、利益を獲得するとか、世の中をよくするとか目的のために各人が行動するものです。
そう考えると、休むべき時、働くべき時は各人が決めればいいことだし、一定の規則があるなら逸脱しないように働いたり休んだりするだけです。

ところが、日本の会社は過去にいわゆるムラを形成することで成長した経緯があるため、仕事を完遂するよりも隣の人とうまくやること、空気を読むことを重視するようになりました。

過労死の原因が長時間労働にあるとする主張には違和感があります。
どんなに長く働いても全然平気な人もいれば、週10時間程度でも病んでしまう人もいることを説明できないからです。

それよりも、職場(生活のために必要で逃れることが難しい)の人間関係によるストレスのほうが影響が大きいと考えています。

経験則でしかありませんが、会社員をやっていた時とフリーランスになった今とでは、労働時間は倍近くになっているし収入は半分以下になりましたが、ストレスは段違いに減りました。

仕事において、自分で決められる、明確なルールで運用されるというのは極めて大事で、これらが担保されるならば時間数というのは無意味だと思っています。


2.まわりの顔色を窺わなくてすむように

まわりの顔色を窺わなくてすむようにするにはどうすればいいのでしょうか。

所属する場所を増やすことが解決につながると考えています。

会社員の場合、所属している集団は会社のみか、会社と家庭というのがほとんどだと思います。
人間は所属先に依存しやすいので会社か家庭に依存した思考や行動をしています。
これを変えるというのはかなり難しいと思います。

そこで、所属先を1つ増やしてみたください。
習い事でもバイトでも何でもいいです。
時間は大変かもしれませんし、当初はストレスも増えるかもしれません。
しかし、慣れてくると所属先1つ1つに対する依存度が薄まることに気づくと思います。

そして、所属先へのコミットを上げていくと時間が不足していきます。
複数の所属先で結果を出さなくてはならない立場に追い込まれたとき、まわりの顔色が大事な社会とは無縁になっているはずです。

まぁ 好きな仲間との組織なら空気読むのは全然OKなんですけどね( ̄ー ̄)ニヤリッ


 




IMG_2620

ミョーん

nefuda_yasui

労働者は売り手市場なので多少有利に交渉しているようです。
賃金よりフレックスなどの生活の質に重きを置く要望が多いようです。
人手不足で企業も妥協せざるをえないでしょうねー。

アングル:逼迫する雇用需給、賃金より「働き方」企業に変革も YAHOOニュース

1.生活環境が変わったのも大きい

給料の額よりも時間的な余裕が重要なのはわかる気がします。
家も買わない、子供もいらないとなれば特段高い給料なんていらないですからね。

ほとんどのサービスが無料に近くなっていて、家賃と食費と通信費が賄えればOKなので、いやな思いをして長時間労働して多少多めにお金をもらうより少ないお金をサクッともらったほうがいいと考えるのは自然です。

労働に対してお金を求めないわりに、資産運用とかは好きな人が多いようですが。。。


2.企業のつぎの手は

企業側も人手不足を背景に働き方の柔軟性を認めるようにしていくようですが、そうはいっても労働力を締め上げることは利益の源泉ですから、企業も何らかの手を考えることになるのでしょう。

企業が考える次の一手は何でしょうか。

自動化、ロボット化、外注、とにかく人を使わない方向に向かっていくでしょう。
どうしても労働市場を買い手市場にしないと商売をうまく回せない面があるのが事実なのです。

今は、売り手市場で労働者側がいい思いをしているかもしれませんが、そのうち逆転することも考えられますよね。その時に甘え癖がついていないようにしておきたいものです。

まぁフリーランスには関係ない話なんですけど( ̄ー ̄)ニヤリッ




IMG_0185
ふガッ

sick_kurumayoi
青森のねぶた祭開催時に駐車料金が60分5000円の駐車場があったとか。
クレームで謝罪したようですが、返金はしないとのこと。
混んだ場所には行かないにかぎりますね。

ねぶた期間の駐車料金なんと1時間5000円!苦情相次ぎ、運営会社がHP上で謝罪 YAHOOニュース

1.どっちもどっち

いかに需要が見込めるからと言ってやりすぎだ、という意見と確認しないほうが悪いという意見と両方あるようです。
どっちもどっちだなーとは思うんですが、運営会社側のホテルのお客さん以外に駐車してほしくなかったからという理由は、下手な言い訳ですよね。
ホテルの関係者以外利用禁止の措置を講じればいいんですから、完全にバカ相手に一儲け、って目論見でしょう。


2.人混みと行列が平気なひと

個人的に人混みと行列は苦手なんですが、人混みや行列に並ぶことを苦にしない人っていますよね。
あれは、どんな気分で並んだりしてるんですかね。
すごいなといつも感心します。

人混みと行列を気にせずにいられたらもう少し行動的になれたかもしれません。

まぁしょうがないのでだらだらすることにします( ̄ー ̄)ニヤリッ





↑このページのトップヘ