だらだらいきる

「だらだらいきる」ために全力を尽くすタイプです。。。

魔法の世紀
落合陽一
PLANETS
2015-11-27


1.ものをツクルと当然が当然でなくなる

人々が存在を意識しないほど高度な技術は、文字通りの「魔法」になりうるのではないか、ということを示唆している、と。

恐ろしいことに、高度な技術で作られたものは、理屈抜きに当たり前になってしまう。
経過が複雑だから、結果だけを認識してしまうのだ。

普段生活する中では、「魔法」は大歓迎だ。
便利で快適だから。

しかし、人として世の中に向き合いたいと思ったときは、魔法ほど厄介なものはない。
魔法=当然という認識が染みついてしまうと、モノをツクル能力が弱くなってしまうのだ。

世の中で自身が認識している物事を当然と思ってしまうと、魔法と言われる高度な技術に気づくことができず、、他人のツクッたものを、自分が信じ込んでいる「当然」の枠の中で批判して自身が何か価値を創出した気になってしまうのだ。

実際、他人の目に触れるものをツクル場合、思い込みの「当然」で作りきることはできない。
何度も何度も、これってどうなの?という「当然」を疑うことを繰り返したうえで完成にいたるのだ。

この作業を繰り返した者が、高度な魔法に触れる機会を得ることになるのだろう。


と、ガンプラを作りながらつらつらと考えてみたわけです( ̄ー ̄)ニヤリッ


IMG_2067
って、誰かかが言ってた。。


thumbnail_ninja

忍者を募集しているっていうフェイクニュースが盛り上がりましたが、この際なので全世界から忍者を募集して自衛隊に組み込んではいかがでしょうか。

”忍者不足”騒動 米ラジオが釈明 「間違い」認める YAHOOニュース

1.人気の忍者で国防を活性化

忍者って人気なんですね~。
自衛隊の忍者部隊を作ったら最強の傭兵部隊が作れと思うのですが。。。

忍者の修行をしたいくらいの人達ですからね。
忍法修行とかいって強化できそうな気がしますよ、マジで!
忍びの掟とかいって抜け忍は暗殺される仕組みにしたりして。。。
隣の国よりもはるかに強力な軍隊になりそうです。


2.部隊設立後は兵器開発だ!!

忍者部隊が完成したら、次は忍法「核融合の術」で武装すればいいんです。
核兵器じゃないですよ!
忍術です。

こうして忍者によって日本は強国になっていくのでした。。。。

まぁ忍者でもな何でもないんですけどね( ̄ー ̄)ニヤリッ






IMG_0880
たしか、3日かららしいよ。

moratorium_woman
堀江貴文さん(ホリエモン)が高校をやるそうです。
学校制度の疲弊が激しいので、新陳代謝が起こるにはちょうどいい頃かと思います。

ホリエモンが校舎のない学校を開校する「これからの時代座学より行動だ」 YAHOOニュース

1.授業がつまらない原因

学校の授業って無条件につまらないと思ってませんでしたか。

それで、つまらないのが当たり前になってませんでした?
だから、漫画を準備したりどうサボるかかんがえたり。。。

でも、つまらないのを我慢するのが当然みたいな空気だったせいか、なぜ授業がつまらないかを考えたことなかったんですよね。

当たり前なんですが、つまらない奴が興味のないことをしゃべっているのが原因なんですよね。


2.「授業がつまらない」が終わる日

さて、座学より行動の授業はどうなるのでしょうね。

ニュースで学校顧問に名前を挙げられた人たちは、人の興味を引く仕掛けに長けた人達ですので、つまらないなんてことにはならないでしょう。

しかも、高校の授業のカリキュラムに寿司からロケットエンジンまであって実践するとなれば、いわゆる学科は、1年かけてやっていたことを要点まとめて1か月で行うでしょうし、おそらく移動中とか隙間時間を使ってこなすようになるのかなと思います。

実践をやりだすと9時から17時くらいの授業時間じゃ足りなくて、徹夜作業する奴とか出てくるでしょう。
実践でものを作ったり動かしたりすると面白くてしょうがなくなるんですよね。
あとは、試行錯誤しているのをほっといてくれる環境さえあれば、授業がつまらないなんてことはなくなるんでしょうね。

最高なのは、実践がそのまま食い扶持につながってしまうので、本人にとって不要な授業は全部受けなくても誰も文句を言えないことです。(その気になれば3か月で全授業受けられるでしょうし。。。)

かなり妄想も入りましたが、今の高校教育が無意味なので、意味のある高校教育が出てくるの可能性を大いに歓迎しています。

十代のエネルギーを社会利用するのはものすごく意義があると思っています。

まぁ いま私が高校生でこの学園に行くかと聞かれたら、行かないと答えるとおもいますが( ̄ー ̄)ニヤリッ















 

↑このページのトップヘ