魔法の世紀
落合陽一
PLANETS
2015-11-27


1.ものをツクルと当然が当然でなくなる
2.悩む前に体が動くほど

3.認識を変えれば

マルクスが『資本論』で考えたような労働と富の関係も変わるでしょう。例えば、クラウドファンディングはその典型で、あらゆるものがプロジェクト単位分解されて、中央集権的な再配分を経ないまま富の再配分が自発的に行われています。もちろん運営母体である企業は貨幣経済の市場原理において動いていますが、サービス内で行われている行為は、市場を経由しないボトムアップでの再配分に他なりません。イノベーションと再配分に関する点は、かつての共産主義の面影をそこに見るほどです。

資本主義では、労働力商品から剰余価値を絞りとり富を蓄積し、資本を拡大していくことが必要です。
簡単にいうと何かやるなら儲けを出せ、儲けがないならやるなという仕組みです。

これが、クラウドファンディングでプロジェクトベースになると何がかわるのでしょうか。
まず、プロジェクトの目的が儲け(富の蓄積)ではなくなります。
プロジェクトは完成が目的なので、コストを無理に抑える必要がなくなります。
また、プロジェクト自体が直接の商行為ではないので税金を考える必要がなくなります。
そして、プロジェクトが始動するということは、賛同者が多く社会的に何らかの意義があるということであり、社会的価値の創出ということになります。

税を取られず、資本家が搾取する必要もなく、社会的価値を生み出せるこの方式をいったい何んと呼ぶのでしょうか。

資本主義の中で日々、お金に追われているような錯覚にとらわれてしまいがちですが、別に生活のすべてを資本主義の参加者としてすごす必要もないわけです。

クラウドファンディングに参加するのがいいという話ではないですケド、よくよく観察してみれば資本主義とは別物の何かが存在しはじめているのです。

いつもの儲けを出せ的な認識を少し変えてみれば、また違った世界が見えてくるはずです。


まぁ 名前がないので認識しにくいのですけど( ̄ー ̄)ニヤリッ