日本再興戦略 (NewsPicks Book)
落合 陽一
幻冬舎
2018-01-31


2018-01-31


1.「意識改革」という言葉
2.因果は続くよどこまでも

3.指摘されると気になってしょうがない
4.公平と平等 絶対正義ってのはないのです
5.百姓と思えば腹も立たない
6.言い換えると超高度な個人主義

7. 幸せ依存症の日々

何かを求めているけれども。それが足りないという状態は、実は依存症です。別に、自然でいればいいのに、メディアの定義した幸せを探す日々の中で、日本人はいつのまにか「幸せ依存症」になってしまったのです。

誰かが定義した様式が幸せだと誤解してしまうのはなんででしょうね?
いい仕事、いい人間関係、美味い飯、素敵なパートナー、周りからちやほやされてキラキラしている自分・・・文字にしてみるとバカバカしいと思うのですが、こんな空気感が幸せの要素だと信じていたりもするのです。

たぶん、本当に重要なのは自分だけの評価値をもつことだと思うのです。
そして、その評価値は自分自身と虚心坦懐向き合って、長い時間を過ごすことでしか手に入らないような気がします。
修行みたいだけど、幸せ依存症になってしまった以上、時間をかけて正常化していくしかないんじゃないかな、と思う次第です。

まぁ 幸せ依存症の日々に、依存するっていうのもありかも知れませんけど( ̄ー ̄)ニヤリッ