日本再興戦略 (NewsPicks Book)
落合 陽一
幻冬舎
2018-01-31


1.「意識改革」という言葉
2.因果は続くよどこまでも

3.指摘されると気になってしょうがない
4.公平と平等 絶対正義ってのはないのです
5.百姓と思えば腹も立たない
6.言い換えると超高度な個人主義
7.幸せ依存症の日々


8.部分否定があなたを幸せにする

たとえば、空き部屋をシェアするAirbnbについても、「こんなサービスはなじめない」という人がいますが、頭ごなしに否定するのではなくて、むしろ「自分のマインドが今風ではないのではないか」と疑ったほうがいい。そういう新しい価値観を受け入れていくほうが生きやすい。それができない人は、ストレスばかりためてしまって、新しい時代の中で、すごくかわいそうな人になってしまいます。

わたしたちは、「とりあえず否定する」ってことをやりがちです。
頭ごなしに否定すれば、後は考えなくていいのでラクなのです。
しかし、よく考えてみると、基本スタンスが否定モードになっている人は、損するんじゃないかなーと思ったりします。

頭ごなしに否定するってことは、その物事に対して全否定なわけですよね。
そうすると、古いもの(自分が肯定するもの)は徐々に減っていくので、年々否定したもの(新しいもの)が世の中に増えていくことになってしまうのです。

自分が否定したものを、誰かが楽しそうに使っていると、その誰かまで否定してしまったりして。。。
老人になる頃には地獄のような環境に生活することになりそうです。

そう考えると、否定をするなら、「とりあえず否定する」という基本スタンスはやめて「部分的に否定する」ようにしたほうが幸せになるだろうな、と思うのです。

なぜなら、「部分的に否定する」ためには、新しい物事をとりあえず触らなくてはならないので、便利だったりするとそのまま使ってしまうこともあるわけです。
それに、どういうものか経験があれば、誰が使っていようと気にならないものです。

今の内から、「取り敢えず触って、部分的に否定する方式」に切り替えておけば、老人になってもちょっとは幸せな環境で過ごせるのではないでしょうか。

多少、練習は必要かもしれませんが、やって損はない気がしています。

まぁ 新しいものに気づかないことの方が多いのですが( ̄ー ̄)ニヤリッ