だらだらいきる

「だらだらいきる」ために試行錯誤する日々。
バックオフィスのコンサルや実務支援の仕事をしています。
◆ お仕事の依頼も受け付けています  m(_ _)m ◆

カテゴリ: 本 映画

1%の努力
ひろゆき
ダイヤモンド社
2020-03-05


2ch開設者よりも最近はコメンテーターと言ったほうが多くの人に伝わりやすい、ひろゆきさんの「1%の努力」を読みました。
これまで何度もレールを外れてきたという著者の「生き方・考え方」について書かれた本です。
レールを外れたことのないひとには、そんな考え方もあるのかと思ってもらえる本です。
レールを外れたことがあるひとは、まぁそうだよねと共感してもらえる本です。
時間のないひと、活字を読むのが苦手なひとは、序文と最後の「全思考まとめ」だけ読めば内容がわかるのでオススメの本です。


ひろゆきさんの本の良さは、「だらだらいきる」ことの罪悪感を、薄めてくれることなんですよね。

「努力は必ず報われる」とか「好きを仕事に」みたいなイメージワードを、冷静に「あぁそれって、事実とは違いますよね。」と言い切ってくれるので、読者は、身も蓋もないなぁと思いつつも、どこかホッとできるのです。


個人的に印象に残ったのは、「調べる労力を惜しんでいないか?」という言葉でした。

私は、ニュースを読むときにこれが顕著で、書かれていることを鵜呑みにする傾向が強かったです。
「なぜ」「どういう仕組で」と考えるの習慣がまったくつくられていませんでした。
本書を読んでからは、少しずつ調べるようにしています。
やってみて実感したのは、自分が、如何にイメージだけでものを考えていたかということです。

「事実は何か?」を調べ、合理的因果関係としてどういうことが想定されるかを考えると、世の中にはエモーショナルな論調の記事が多いことを実感できるので、試してみて損はなかったと思っています。
試してみたい人は「〇〇経済」的な雑誌の記事は、主張したいことのために事実を並べ替えるのが好きなので、実験材料としてはオススメです。

こんな感じのヒントが詰まった本だったので興味のある方、だらだらいきたい方は読んでみてください。

1%の努力 [ ひろゆき ]
1%の努力 [ ひろゆき ]

 


哲学と宗教全史
出口 治明
ダイヤモンド社
2019-08-08


哲学と宗教全史を読んでみました。
わかりやすくて読みやすいのでガシガシ読める本でした。
読み返すのも楽しそうなので、長く楽しめるお得な本だなと思っています。

さてさて、この本を読んで気づいたのは、
「物事を捉えるフィルターとして、哲学と宗教は長く使われてきたんだなぁ」
ということでした。

神という概念が生まれたのが12000年前だと考えられています。
哲学は2500年以上前に最古の哲学者が生まれたそうです。
人間は長い歴史の中で宗教と哲学を軸に生きてきたわけです。

ところが、近年、科学とテクノロジーが宗教と哲学と人間の関係に大きな変化をもたらしました。
神が創造した魂をもつはずの人間は、ただのタンパク質の塊であり、電気信号で動いていることが明らかになり、不安や愛情はホルモン物質による反応でしかなく、生物が合理的に繁殖するためのものだったという結論が下されたりしています。

このまま哲学や宗教は、科学やテクノロジーに取って代わられてしまうのでしょうか。
個人的には、人間が宗教と哲学を放棄するには随分長い時間がかかるのではないかなぁと思っています。

なぜなら、科学やテクノロジーは一般人には理解しずらいからです。
科学やテクノロジーでは、相互作用を取り扱います。相互作用は、原因から結果と結果から原因の両者が同時に起こることを許容します。

しかし、私達は因果律で考えることに慣れきっているため、原因→結果という一方通行で考えるので、この相互作用にものすごく違和感を感じるのです。

この因果律という考え方から抜け出せないと、科学やテクノロジーは「わからないもの」であり続けてしまうわけで、有用なのに世の中に浸透しずらくなる、または、浸透の際に大きな摩擦が起こることになります。

そこで、有用なテクノロジーを身近にしていくために、宗教や哲学がもつ「物語」や「意味の付与」が役立ってくると考えています。

正確だけどわからない説明よりも、「神様がお与えくださったギフト」、「腑に落ちる意味」でテクノロジーを安心して受け入れられる人が多いと思うのです。

結局、日々なにかと忙しいと言いながら生きている私達は、慣れ親しんだ考え方の「物語」や「意味」がないと物事を理解できないのです。
「わからないもの」が生活に入り込んでくる不安や恐怖を哲学や宗教をフィルターにして理解することで受け入れていかざるを得ないので、まだまだ宗教や哲学を手放すわけには、いかないのではないかと思う次第です。

哲学と宗教全史 [ 出口 治明 ]
哲学と宗教全史 [ 出口 治明 ]
 


小室直樹 日本人のための経済原論
小室 直樹
東洋経済新報社
2015-05-29


1.経済学が役に立たないといわれてる

経済学って役にたたないよね。とよく聞く。
大学の教授でも、あれはモデルの世界だから現実には利用できないという人もいた。
ずっと不思議だったのは、そんなに役に立たない経済学が、世界中で研究されていることでした。

今回、「日本人のための経済原論」を読んで、
経済学が役に立たないといわれるのに、なぜ世界中で研究されているのか?
についてよくわかりました。


2.経済学が役に立たないといわれる理由

経済学が役に立たないと言われてしまう理由の一つに、経済モデルがシンプルなので、現実の複雑さを表現できず予測が当たらない。というのがあります。

そうなんです。私もそう思っていました。
直近では、市中にお金を増やせば物価が上がる。だから2%の物価上昇を見込んだのに…全くアテが外れたりなんてことがありました。
純粋な経済行動をとる人間って何だ?とか。。。

あんなに小難しい数式を並べ立てるわりに、ハズレるのでは、役にたたないと揶揄したくもなります。


3.誤解していた

「日本人のための経済原論」では、「経済学は資本主義において成立する。資本主義でない経済では成立するとは限らない。」と書いてあります。

つまり、日本は資本主義経済ではないから、経済学のモデルがうまく機能しないということです。

いやいや、日本は資本主義でしょう。と思うかもしれませんが、本書では、
・淘汰の起こらない市場は自由市場ではない(倒産すべき企業を政府が支えてしまう、護送船団方式等)。
・ 多くの規制が市場を捻じ曲げているので自由市場が機能していない(行政指導という名の介入等)。
・ 企業が目的合理的な経営をしていない(会社は株主のものという原則が通じない)。
・ また、そのような経営を良とする常識が醸成されていない(資本主義の精神を持っていない)。
という理由で、日本は混合経済、鵺経済だと指摘しています。

本書を読むにつれて、自身の誤解に気づくことになりました。

・ 日本が資本主義だと誤解していたこと。
・ そもそも純粋な資本主義はどこの国にも存在しないこと。
・ 経済学のモデルは、それ自体で利用するのではなく、置かれた状況と純粋な資本主義との差分などを加味してアレンジすることで利用に耐えうる仮説になるということ。

現在の状況と純粋な資本主義との差分を考えるといっても、多岐にわたって研究する分野があることは容易に想像できるわけで、そりゃ、世界中で研究されるワっていう話です。


4.経済学の効用

そうは言っても経済学なんて生きる上で関係なくない?と思うかもしれません。
たしかに、経済を学んで給料が上がった、儲かったって話は聞かないんです。

ただ、多くの人が経済学の原理原則を知っていると、関税のかけあいをする政治家を排除したり、仕事が奪われると移民を排斥するような無駄な真似をしないで済むので、もう少し静かな世の中になるのが効用かなぁと思います。

個人的には、会社との関係を考えるときに役に立つと思っています。
経済学を学ぶと、会社は株主のもので、役員は株主の代理、従業員は契約によって労働力を提供しているに過ぎないことがわかります。この構造が腑に落ちると、会社が儲かっても給料は上がらないのは当然だと考えられるようになるし、反対にこちらも必要以上の労働力の提供をしないことに後ろめたさを感じなくなるのです。
つまり、生きる苦しさを低減できるのが効用かなと思います。

そんな感じで、国民としても個人としても経済を学んでも損はないんじゃないかと思う次第です。。。

小室直樹 日本人のための経済原論【電子書籍】[ 小室直樹 ]
小室直樹 日本人のための経済原論【電子書籍】[ 小室直樹 ]


未来を読む AIと格差は世界を滅ぼすか (PHP新書)
ジャレド・ダイアモンド
PHP研究所
2018-06-15


「未来を読むAIと格差は世界を滅ぼすか」という本を読みまして。。。

印象に残ったのが、ユヴァル・ノア・ハラリ氏の言葉で、

近い将来「役立たず階級」が大量発生する

というものでした。

よく、AIが多くの労働者の代替えをしても、AIの周辺に雇用が発生するので仕事がなくなることはない、という意見を聞きます。

その根拠は、かつて農業や工業の仕事が機械に置き換えられたときにサービス業などの新しい仕事が出てきたという過去の事例です。

しかし、よく考えてみると、過去の事例を根拠に、今回も同じように新しい仕事が出現すると確信をもつことなどできないのではないでしょうか。

ハラリ氏の指摘するように、「役立たず階級」が量産されても不思議ではないのです。


ほとんどの職業がAIに代替えされることを考えると、私は確実に「役立たず階級」入りだと思っています。

問題は時期かなと。

ある日突然に、「あなたは明日から約立たずです!」と宣言されて隔離されるわけではないので、変化は徐々に起こるでしょう。

なので、できる限り役立たず認定を先延ばしできるような立ち回りをしようと考えている次第です。


サードドア: 精神的資産のふやし方
アレックス バナヤン
東洋経済新報社
2019-08-23


1.長い列に並ぶのか、それとも

人生、ビジネス、成功。
どれもナイトクラブみたいなものだ。
常に3つの入り口が用意されている。

ファーストドア:正面入り口だ。
長い行列が弧を描いて続き、
入れるかどうか気をもみながら、
99%の人がそこに並ぶ。
セカンドドア:VIP専用入り口だ。
億万長者、セレブ、名家に生まれた人だけが利用できる。
それから、いつだってそこにあるのに、
誰も教えてくれないドアがある。サードドアだ。

行列から飛び出し、裏道を駆け抜け、
何百回もノックして窓を乗り越え、
キッチンをこっそり通り抜けたその先にー必ずある。

ビル・ゲイツが
初めてソフトウェアを販売できたのも、
スティーヴン・スピルバーグが
ハリウッドで史上最年少の監督になれたのも、
みんなサードドアをこじ開けたからなんだ。
「成功者が、知名度もなく無名で誰と面会できるわけでもない時期に、どうやって登頂の第一歩を踏み出したか。」言われてみれば当たり前の疑問だけれど、これを真剣に調べたことはなかったです。

著者はそれを知ろうと成功者にインタビューを試みるわけですが、まぁ簡単じゃないですよ。という話です。

結論は、引用の通りなんです。サードドアがあるんです。しかし、そのサードドアは多くの若者がイメージするようなものではないし、多くの人がすすめるファーストドアとも全く違うものです。

どのように見つけて、どのように開くのか、詳細は本書を読んでみてください。


2.サードドアを見つける前に

サードドアを見つけようと思っても、一体なんのドアを開けるつもりなのか。
なぜ開けるのか、を考えてみなければ、なんの意味もないわけです。
本書では、ミッションとして成功者のファーストステップについて聞き本にすることが、早い段階で設定されるのですが、普通に生きている私達に、いきなりミッションを見つけるというのは、ハードルが高いなぁと思うのです。

何がしたいのかわからないという人が結構いるし、私もそのタイプの人間なんです。
そんなタイプの私達はどうすればいいのでしょうか。

たぶん、すごく小さいこをミッションにしてそれを日々達成していくのがいいんじゃないかと思います。本の中に出てくる言葉に次のようなものがあります。

「ほらな! 一つひとつ、ちゃんとパイプを築くところから始めろよ。そうして、たくさんの選択肢につなげていくんだ。1つの的に固執しすぎるなって。たくさんのボールを宙に投げて、そこからあたりをつかみとるんだ。(以下略)
何がやりたいか、何をしていいかわからないなら、今日中にやりたいことを一つのミッションとしてやっていくのがいいかなと思います。

毎日毎日1ミッション。できる日もあればできない日もある。それを継続していくと新しい選択肢につながる。そう信じてやってみることにするのはいかがでしょうか。


3.一発逆転した成功者は出てこない

本書に出てくる成功者たちには一発逆転した人は一人も出てこないんです。
誰も気づかないようなことから小さく積み重ねて、その積み重ねを使ってサードドアを開ける。そして、みんなが気づく頃にはとてつもない高さに積み上がっていたというだけなんです。
決して偶然サードドアを見つけけたわけでも、一回で大きなことを成し遂げたわけでもはないのです。

戦略的に考え、小さく積み上げて、サードドアを開いていく。これが本書に出てきた成功者たちの共通点でした。


サードドア 精神的資産のふやし方 [ アレックス バナヤン ] 【Rakuten】

サードドア―精神的資産のふやし方 [Kindle版]





 



1.「数字」「数字」唱えるだけなら誰でもできる! 本当の「数字」とは?

「数字で考えろ」「数字で結果をだせ」が口癖になってしまっているマネージャーのなんと多いことか。
もし、こんなことを言われたら、心なかで「この人は数字が並んでると安心するんだなぁ。」と笑ってあげましょう。
数字はそれだけではただの文字なので役に立ちません。本当に必要なのは計画と現実の差分にあたる「数値」(計測された値)だったり、過去と現在、A地点とB地点というような多数を比較し、次の行動を導く「数字」なんです。

つまり、いつもの「数字」では何も解決せず、現場の問題や集計された数字から、必要な「数値」を導き出し、次の行動をロジカルに説明し実行にうつすのがマネージャーの仕事です。「数字」「数字」と唱えるのが仕事ではないのです。

本書では、現場で起こっている問題をロジカルに解決するための「数値化」や、その値を分析することによって合理的に行動をすることなどをソフトバンクの事例をもとに教えてくれています。


2.本書の指摘する問題点

日本企業の多くが、声の大きい人の意見が通ってしまい合理的判断ができず疲弊してしまっているのではないかと指摘しています。
そして、この問題を解決するためには、「誰もが当たり前に数字で思考し数字で語ることだ」と言います。


3.誰もが数字で思考し、数字で語るために

本書では、誰もが数字で思考し語るにはどうすればいいかを5つの章立てで書いています。
・実践のための7つのポイント
・データ分析7つ道具
・間違った数値化の事例
・有名な理論・法則を使った事例
・ソフトバンクの「3次元経営モデル」

事例やケーススタディが多く、すぐに使い始められるように工夫されています。
全部を取り入れることが難しくても、考え方や数字の取り扱い方、見方など一部を取り入れるだけで大きな変化をもたらしてくれるでしょう。

本当は、この本を手に取らないような人にこそ、読んでもらいたいところではありますが、実践の中で証明することで、それらの人に感じ取ってもらうしかないですかね。
そうすると、うまく伝える技術なんかも必要になりそうですが。。。


4.オススメポイント

4章の「数字に強い人」は知っている理論・法則の中で、大数の法則(確率は収束するってやつ)が出てくるのですが、サイコロの例えで、
「一つの面がでる確率は1/6だが、サイコロの表面の数字を書き換えて出したい数字の確率を変えることができる」
という発想は、現実世界の面白さを教えてくれるいいエピソードでオススメです。

他にも印象に残った内容を箇条書きします。
・問題や課題は分けて数値化し、即実行に移す!
・失敗が大きくなるよりも、数値やデータを大量取得できたほうが次のステップの精度が格段に高まるのでお得!
・大量のデータを取得するためには試行回数1回のコストを下げる!

仕事に煮詰まっている人は是非読んでみてください。

すごい「数値化」仕事術【無料トライアル版】 [Kindle版]

【Rakuten】孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術 [ 三木雄信 ]





1.外国人投資家の裏をかいて儲けられないかなぁ

「年金だけじゃ老後資金が足りない」的な空気が醸成されつつある昨今でございますが。。。
株式投資で年金の不足分を補えないかなぁー、なんて考えてみました。

結論から言うと、
・高速取引の仕組みを考えると、素人が短期的に儲けるのは無理そう
・やや長めのスパンで外国人投資家の特性を利用して儲けることはできそう
という感じです。

儲ける方法は、「第5章 外国人投資家の投資行動を活用して~」という章を読んで貰えればいいかと思います。「季節性」「大量保有報告書」「オーナ系企業」「逆張り」「構造的な投資テーマ」「時価総額」「身近なアイディア」などをキーワードに色々な方法が提示されています。


2.日本の上場企業に魅力がないと日本は将来的に損をする

日本の上場会社の多くが、会社は株主のもので、経営者はそのエージェントであるという意識が低く、資本の効率的な運用や株主還元という行動が乏しい。そのため、外国人投資家が投資を控えてしまっている。と本書では指摘されています。

投資家が少なくなると、日本で起業し新しいサービスを提供したり、雇用を創出したりという経済活動が弱くなってしまうので、できる限り投資家から魅力的と思われておくのは重要ですよね。

ROEに着目した経営

コーポレートガバナンスの強化
不要な会社のマーケットからの退出
など、早急に実施してほしいなぁと思います。

3.個人的には勉強がてら投資する事にしよう

外国人投資家にも色々なスタンスがあり、高速で利鞘を抜くものからテーマに沿って長期保有するものまで、それぞれに莫大な額を運用していることがわかったので、自分の性格にあった方法で、だらだらやっていけばいいかなと思いました。
なので、自分ならこう経営するなぁ、っていうのと同じ意見の会社に長期投資すると知見が増えて面白そうだなと。


日本株を動かす外国人投資家の儲け方と発想法 No.1ストラテジストが教える [Kindle版]
 
日本株を動かす外国人投資家の儲け方と発想法 [ 菊地正俊 ] Rakuten




↑このページのトップヘ