だらだらいきる

「だらだらいきる」ために全力を尽くすタイプです。。。

タグ:働き方改革

kazetooshi_kaisya_bad

過労死は労働時間を短くすれば無くなると考えていると別の問題が起きるのでは?と思っています。
時間数とストレスの相関より人間関係とストレスの相関のほうが高い気がするんですよね。

過労死対策、報道各社手探り NHKは一部の宿直廃止 朝日新聞 YAHOOニュース

1.まわりの顔色が大事な社会

仕事は、利益を獲得するとか、世の中をよくするとか目的のために各人が行動するものです。
そう考えると、休むべき時、働くべき時は各人が決めればいいことだし、一定の規則があるなら逸脱しないように働いたり休んだりするだけです。

ところが、日本の会社は過去にいわゆるムラを形成することで成長した経緯があるため、仕事を完遂するよりも隣の人とうまくやること、空気を読むことを重視するようになりました。

過労死の原因が長時間労働にあるとする主張には違和感があります。
どんなに長く働いても全然平気な人もいれば、週10時間程度でも病んでしまう人もいることを説明できないからです。

それよりも、職場(生活のために必要で逃れることが難しい)の人間関係によるストレスのほうが影響が大きいと考えています。

経験則でしかありませんが、会社員をやっていた時とフリーランスになった今とでは、労働時間は倍近くになっているし収入は半分以下になりましたが、ストレスは段違いに減りました。

仕事において、自分で決められる、明確なルールで運用されるというのは極めて大事で、これらが担保されるならば時間数というのは無意味だと思っています。


2.まわりの顔色を窺わなくてすむように

まわりの顔色を窺わなくてすむようにするにはどうすればいいのでしょうか。

所属する場所を増やすことが解決につながると考えています。

会社員の場合、所属している集団は会社のみか、会社と家庭というのがほとんどだと思います。
人間は所属先に依存しやすいので会社か家庭に依存した思考や行動をしています。
これを変えるというのはかなり難しいと思います。

そこで、所属先を1つ増やしてみたください。
習い事でもバイトでも何でもいいです。
時間は大変かもしれませんし、当初はストレスも増えるかもしれません。
しかし、慣れてくると所属先1つ1つに対する依存度が薄まることに気づくと思います。

そして、所属先へのコミットを上げていくと時間が不足していきます。
複数の所属先で結果を出さなくてはならない立場に追い込まれたとき、まわりの顔色が大事な社会とは無縁になっているはずです。

まぁ 好きな仲間との組織なら空気読むのは全然OKなんですけどね( ̄ー ̄)ニヤリッ


 




maruhi_mark
非正規格差の裁判判決が出たようですが、他人の給料を知らなけりゃ裁判なんてしなくて済んだのかもね。会社はますます雇用し難くなるでしょうね。

非正規格差で初判断、原告ら明暗別れる「格差是正」「不当な判決と言わざるを得ない」 YAHOOニュース
・定年後再雇用の賃金格差は容認と判断された。


1.公平が正義だとしても

非正規格差の問題(同じ仕事してるのに非正規の給与が安い問題)は、少しずつ解消される方向に司法の判断が下されたわけですが、そんな中で、定年再雇用については低い金額でもOKという判決だったのは意外でした。
理由は、再雇用はどこでも安い賃金である、長く雇うわけではない、年金がもらえる、ということだそうです。原告は納得がいかず、怒りを覚えたようです。

同じ仕事をして同じ給料をもらうことは、公平で正しいことのように思えます。
定年後再雇用の原告も公平を望んだのでしょう。
しかし、彼らは怒りを溜める結果になってしまったのです。
もし、自分の給料の額しかわからなければ、そんな怒りに心を乱されることはなかったでしょう。


2.秘密と不公平で幸福になるのかも

公平=正しいこと=幸福、ではないんだな〜と考えさせられるニュースでした。
比較して自分が優位なら幸せで、劣後すれば不幸という考え方をしてしまうと、救われないですよね。

今回の定年後再雇用の問題も、過去の自分の給与や周りの社員の給与を知っていたために起こったことだと思います。
これが、定年退職後に別の会社に雇用され、その際に、申し訳ないが給与はこのくらいだがいいか?と聞かれ了承したのであれば問題は起こらなかったでしょう。

雇用する側も、動機の何割かに同情と感謝があって、本来なら再雇用したくなくても、できる範囲で給与を払うという心算だったのかも知れません。
しかし、このような訴訟が起こるなら再雇用はしないようにと考えても不思議ではありません。
結局、誰も救われない話になってしまいました。

今後必要になることは、会社は根拠のある不公平を作って、社員個人個人とコミュニケーションを密にし情報は秘密にすること、社員は自分自身にとって必要十分な給与額を認識して隣を覗かないことでしょうかね。

一つの真理として、不公平と秘密=悪だけど幸福 というものなのかも知れません。


好奇心って意外な伏兵だったりします( ̄ー ̄)ニヤリッ
 


kokkai_touben_taido_warui
働き方改革がワイワイしてますが、反対派は粛々と反対するのがいいですよ。
可決したら過労死が増えるとか、過労死の遺族たちが云々とかって意味ないから反対にほどほどに。。。

<働き方法案可決>人の命かかってるのに 傍聴席ぼうぜん  YAHOOニュース


1.法案可決で過労死が増えるの?

法案が可決されて過労死が増える科学的根拠って示せるんですかね?
そう考えると、ちょっと反対方法が違うと思うんですよ。

反対先を法案を採決する国会に向けるより、しんどい会社を辞めても普通に生きていけるっている活動をやった方が世の中のためになるはずなんですよね。
それで、活動費を国の予算つけてもらうとか。

法案が正しいかどうかは議員に任せるしかないわけで、それを運用した時に何が起こるのかを真剣に考えて、対処方法を具体化することが本当の反対方法なのではと思う次第です。


2.本当に尊重すべきは行動と結果

声高に叫ぶより、行進するより、具体的に起こることに備えて手を動かし事実を積み上げていくことを尊いと思っています。
言葉は大事だと思います。
でも、言葉が行動を導かないなら、残念なことだと思っています。

上に政策あれば、下に対策ありって好きな言葉です( ̄ー ̄)ニヤリッ


 

building_gyousei_text08_kouseiroudousyou
働き方改革を進める厚労省の担当部署で残業200時間超とか。
推進している政治家は恥ずかしくないのかなぁ。
そんな急いで改革しないでも手柄が欲しい政治家以外は誰も困らないかと思うのですが。

残業200時間の職員も…厚労省 働き方改革担当部署 YAHOOニュース

1.改革ではなく規制だから上手くいかないのです
2.「正社員」というカテゴリーをなくせば全てよし


続きを読む

会社でいやいや働く人のイラスト(女性)
働き方改革って上手くいかなそうだよね〜ってみんな薄々気づいてる。
会社はただの契約相手という帰属意識の解消ができるどうかのほうが重要かと・・・。

時事通信社 働き方改革、道半ば=電通裁判、見直す契機にー識者「適正人員配置を」
✔️ 「単純に残業を規制しても業務量と人員配置を改めなければ、サービス残業は根絶できない」と識者は指摘している。

1.サービス残業、誰に対するサービス?
2.会社に対する帰属意識


続きを読む

忙しく仕事をしている白衣の女性のイラスト

働き方改革で下請の会社が大変だそうです。
発注企業はいい加減、物事の本質をとらえた行動しましょうよ。

毎日新聞 <働き方改革>「残業しわ寄せ」に苦しむ中小企業の対応
✔️ 顧客企業と夕方以降の打ち合わせが急増
✔️ 無理ばかり言う顧客には契約解除を申し入れ
✔️ できることとできないことをはっきり伝える

1. 国がキッカケを作ってくれたのに
2. 客の満足度と利益率の間で悩むのが経営だ
3. 個人としてできること

続きを読む

働く人たちのイラスト
ヤマトさんとアマゾンさんの交渉が大詰めだそうです。
ヤマトがアマゾンに1.7倍の運賃値上げと総量抑制を要請、ヤマ場は9月 (ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース
 
1.ほとんどの会社がサービス残業ありきでなりたっている。
2.サービス残業を禁止しても何もかわらない。
3.いい面と悪い面、国民性?解決不能?

続きを読む

働き方改革が大詰めとのニュース


残業時間の上限規制~問われる政府の<本気度>(佐々木亮) - 個人 - Yahoo!ニュース


働くことが苦痛という人、

仕方なく働く人、

やりがいを持って働く人、

働くことが楽しい人、

色々な人がいると思うが、

「百時間の残業をやらされる」というのは無理がある。

使命感で今月は百時間の残業をしてしまった、というのは

1か月とか2カ月が限度だと思うし、

相当効率が悪い状況ではなかろうか。

西暦2017年にもなろうというのに、

近代的な労働理念はやめた方がいいと思う。

少なくとも、今の働き方改革の議論は近代的なのだと思うよ( ̄ー ̄)ニヤリッ
























 

↑このページのトップヘ