IMG_3024

コロナウイルスの感染が止まらない今日このごろでございますが。。。

大手企業を中心にテレワーク、在宅ワークで対応するところがでてきております。

このような働き方に対して、ニュースなどで批判の声はあまり見られないようです。

仕事柄、複数の会社の中で作業することが多いのですが、一箇所に集まって作業をしたほうが効率的なのって、製造業、もの作りの会社くらいだと思っています。

会社側からすると従業員がサボらないか心配なのかもしれませんが、オフィスにいてもサボってる人は結構多いわけで。

さてさて、このまま在宅ワークのスタイルは定着していくのでしょうか?

個人的には定着してほしいのですが、現実的には難しいかなぁと思っています。

在宅スタイルになると、「仕事している風」ができなくなります。

この「仕事している風」の人達は、会社の要所要所に結構な数がいるので、 「仕事している風」の阻害要因には強い反対が起こるだろうと予想されます。

労災の規定はどうなるだの、就業時間の管理をどうするだの、兎に角、重箱の隅をつつくようにできない理由を並べ立てていくんだろうなぁと。

もう一つは、時間で人を管理する発想から、成果で管理する発想に切り替えたときに、経営陣と従業員が変化に対応できないだろうということです。

例えば残業代という概念はなくなると思われますが、
経営側は、残業代払わなくてラッキー程度に考えるでしょうし、
従業員側は、サービス残業では? 仕事が終わらなかったらどうすれば?と考えるでしょう。

時間発想ならば残業して残業代で精算するという考え方でいいのですが、成果発想ならば、終わるとか終わらないという考え方ではなくなります。

目的を達成することが評価の軸になるので、分量や時間云々を議論する余地はなくなるのです。

こう考えると従業員が大変になるだけのように見えますが、むしろ経営側の方が大変だと思われます。

今までは、人を集めて時間制で仕事をやらせればそれなりの成果を得ることができました。しかも、サービス残業のようにコストのかからないリソースを使うこともできました。

しかし、仕事の成果で経営をしようとすれば、どの仕事にどのくらいのコストをかけるのか、仕事の作りは効率的かを常に見直さなくてはならないのです。
こうなると、経営側も今までよりかなり大変です。

つまり、在宅ワーク導入のためには、最初にみんなが大変な思いをするってことです。

そう考えると、在宅ワークが主流になるのってかなり先だよね、と思う次第でございます。