だらだらいきる

「だらだらいきる」ために全力を尽くすタイプです。。。

タグ:堀江貴文

moratorium_woman
堀江貴文さん(ホリエモン)が高校をやるそうです。
学校制度の疲弊が激しいので、新陳代謝が起こるにはちょうどいい頃かと思います。

ホリエモンが校舎のない学校を開校する「これからの時代座学より行動だ」 YAHOOニュース

1.授業がつまらない原因

学校の授業って無条件につまらないと思ってませんでしたか。

それで、つまらないのが当たり前になってませんでした?
だから、漫画を準備したりどうサボるかかんがえたり。。。

でも、つまらないのを我慢するのが当然みたいな空気だったせいか、なぜ授業がつまらないかを考えたことなかったんですよね。

当たり前なんですが、つまらない奴が興味のないことをしゃべっているのが原因なんですよね。


2.「授業がつまらない」が終わる日

さて、座学より行動の授業はどうなるのでしょうね。

ニュースで学校顧問に名前を挙げられた人たちは、人の興味を引く仕掛けに長けた人達ですので、つまらないなんてことにはならないでしょう。

しかも、高校の授業のカリキュラムに寿司からロケットエンジンまであって実践するとなれば、いわゆる学科は、1年かけてやっていたことを要点まとめて1か月で行うでしょうし、おそらく移動中とか隙間時間を使ってこなすようになるのかなと思います。

実践をやりだすと9時から17時くらいの授業時間じゃ足りなくて、徹夜作業する奴とか出てくるでしょう。
実践でものを作ったり動かしたりすると面白くてしょうがなくなるんですよね。
あとは、試行錯誤しているのをほっといてくれる環境さえあれば、授業がつまらないなんてことはなくなるんでしょうね。

最高なのは、実践がそのまま食い扶持につながってしまうので、本人にとって不要な授業は全部受けなくても誰も文句を言えないことです。(その気になれば3か月で全授業受けられるでしょうし。。。)

かなり妄想も入りましたが、今の高校教育が無意味なので、意味のある高校教育が出てくるの可能性を大いに歓迎しています。

十代のエネルギーを社会利用するのはものすごく意義があると思っています。

まぁ いま私が高校生でこの学園に行くかと聞かれたら、行かないと答えるとおもいますが( ̄ー ̄)ニヤリッ















 

多動力 (NewsPicks Book)
堀江貴文
幻冬舎
2017-05-26


既にベストセラーですが、堀江貴文さんの「多動力」を読みました。
面白いです。おススメです。
色々と騒がれる堀江さんですが、国策捜査による実刑を自分の意思を通して受けきった「実行」の人は、何を言われても、その価値が毀損することはありません。
人の価値とは何を言ったかではなく、何を成したかなんでしょうねー。

1. 先入観にとらわれている
2. 動くことが真理だ

続きを読む

「練金」読了


堀江さんの本は、いつも行動への原動力となるから不思議だ。

どの本を読んでも行動したいという衝動が起こる。

きっと表面的な内容はどうあれ、

作者の核の部分にそういうところがあるのだろうと思う。

2、3回読むのもあり

内容は、思いのほか多面的に書かれている。

ストーリーだけを追っていっても十分に楽しめるのだが、

例えば、過去に戻って歴史に関与し

現在を変化させた主人公が発する言葉などは考えさせられるものがある。

そうだ。いまこの世界は、あり得るはずのなかった未来だ。(中略)悪い世界ではない。暮らしやすく便利になった。sPhoneやグレインホースは、現代文明の理想の道具だ。でも、(中略)2017年の現在に、成し遂げることじゃなかったんだ。本当の歴史はそう選んでいたはずなんだ。 

現在は現在としてあるがままに受け入れるべきだ、

我々ができるのは、過去にとらわれ、それを変えようとすることではない、

この今を未来に向けてどう行動するかを決定することだけだ。

というメッセージとして受け止めることができる。

随所にこのような考えさせられるところがある。

これらを、一つ一つ感じながら読むのも楽しいだろう。

最後に、「自由」について書かれる章がある。

これは是非読んで考え、感じることを奨める。


錬金 (文芸書)
堀江 貴文
徳間書店
2017-02-21















 

"人は「仕事が好きだから、営業に没頭する」のではない。順番は逆で、「営業に没頭したから、仕事が好きになる」のだ。心の中に「好き」の感情が芽生えてくる前には、必ず「没頭」という忘我がある。読書に夢中で電車を乗り過ごしたとか、気がつくと何時間も経っていたとか、いつの間にか朝を迎えていたとか、そういう無我夢中な体験だ。没頭しないままなにかを好きになるなど基本的にありえないし、没頭さえしてしまえばいつの間にか好きになっていく。つまり、仕事が嫌いだと思っている人は、ただの経験不足なのだ"

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく

堀江 貴文

ぼくらは、色々なことを考えすぎだ。

 

時間がない、もったいない、だから効率的にやる方法を悩むべきだ!なんて

 

そんなことはない、考えることは重要だが、

 

まず無心にやってみるのがいいと思う。

 

やって、やってやりまくって、そこで感じることがあれば考えたらいいんじゃないか。

 

 

「没頭」って久しぶりに聞いた。

 

最近触れる言葉は、「○○の方法」「××の仕方」「~思考法」が多かったように思う。

 

考えること、悩むことがすごく奨励されている。

 

でもよくわからない、実感のないうちから考えてたら、

 

ダメな理由ばかり並べて、動けなくなることが多い。

 

だから、「没頭」だ。

 

久々に聞いたし、とても清々しい響きだ。

 

好きも、嫌いも、簡単も、難しいもない。

 

とにかく、目の前のそれに没頭するのだ。

 

没頭することだけに集中するのだ。

 

↑このページのトップヘ